浮気調査を仙台で行いたい方はこちら仙台けやき探偵事務所へ│トップページ

24時間受付中!メールでのお問い合わせはこちら!
  • 仙台けやき探偵事務所
  • 宮城県公安委員会届出 第22090013号
  • 宮城県仙台市泉区八乙女中央4丁目2番地の15 レジデンス八乙女301
  • 全国共通お客様相談(36524h対応)フリーダイヤル 0120-038-777
  • info@sendaikeyaki.com
ごあいさつ

浮気調査は仙台けやき探偵事務所で最も多い案件のため、浮気調査に特化したサイトをこの度作成いたしました。

パートナーの信頼関係を崩してしまう浮気は、一度疑いはじめると真実を知るまで精神的苦痛が続いてしまう内容だけに状況は深刻といえます。パートナーが浮気を認め、謝罪し改心するのであれば探偵・興信所に費用をかけてまで浮気調査を行う必要はないかと思われます。

しかし、パートナーに問い詰めても真実を伝えてもらえないことや浮気を止めないことが非常に多いため浮気調査に踏み切るのです。 恋愛は盲目、不倫は麻薬というのが探偵・興信所ではよく使う言葉だけに浮気ではなく本気になっている方もいるのが現状です。 パートナーの態度が以前と違うことで、携帯電話を見て浮気相手がいることに気がつき浮気調査を行うケースが最も多いです。

仙台けやき探偵事務所では、浮気調査を行い白か黒かの判別をいたします。 その後、ご依頼者望む方向性に合わせ具体的なアドバイスを行ってまいります。 パートナーの浮気を疑い悩む日々を終わらせたい方は、1歩踏み出す勇気を持ってください。 ご自身で動かなければ問題はなにも解決しません。

浮気・不倫・行動調査について

浮気調査や不倫調査などの行動調査は、探偵の業務の中でも最も多い業務になります。様々な方が浮気や不倫で悩んでいらっしゃいます。しかし、それらは個人の力ではスムーズに解決できるような悩みではありません。一人で悩んでいても行為がエスカレートしていく可能性がありますので、更に大きな問題を抱え込むことになります。そういった悩みの解決を目指して、浮気調査や不倫調査をお願いしたいという方が多いのです。浮気調査や不倫調査を依頼する理由は人によって異なりますが、具体的にはどのような理由があるのでしょうか?

まずは、単純に真相が知りたいというものです。浮気を疑っているけど確実ではない場合は、真実を確かめるために調査を依頼されます。また、浮気相手が誰なのかを知りたいという方や、浮気を認めさせて相手と別れてほしいという方、もしくは浮気相手に慰謝料を要求したいという方もいらっしゃいます。 様々な理由を持って探偵に調査を依頼されるのですが、探偵の仕事は行動を調査して浮気や不倫の現場を押さえ、真実を突き止めることになります。個人で悶々としていらっしゃる方は、一度探偵に相談をしてみてはいかがでしょうか?

相談の際には、調査に大体いくらくらいかかるのかという見積もりをお出ししますし、解決のための方法などもお伝えいたします。探偵にできるだけ多くの情報を伝えることによって早期解決も可能ですので、悩みを包み隠さず打ち明けましょう。

浮気の証拠とは

探偵に浮気の調査を依頼される方には、様々な方がいらっしゃいます。浮気の真相を確かめて今後の身の振り方を決めたいという方も多いでしょう。浮気の調査を成功させるためには、決定的な浮気の証拠が必要になります。浮気の証拠にも様々な物があると思いますが、具体的にその証拠となる物は一体何なのでしょうか?

最も決定的な証拠として挙げられるものが、他の異性とキスをしている場面を抑えた写真やラブホテルに入る写真などになります。こういった写真を撮ることができれば、浮気の事実をはっきりとさせることができるはずです。また写真に比べると若干弱いですが、ラブホテルの明細やメールに残っている記録などを押さえられると有利になります。

明細やメールは個人でチェックすることもできるかもしれませんが、決定的な証拠である写真を手に入れるには、尾行や張り込みが必要になります。これらも個人でできないことではないのですが、顔見知りになりますので非常にばれやすくなります。ばれてしまうと当然調査の続行は無理ですし、相手が警戒して調査がさらに難しくなります。

その為、尾行や張り込みのスペシャリストである探偵に調査を依頼される方が多いのです。決定的な証拠を押さえることができればその後の手続きなどもスムーズになりますので、探偵を利用するのは理にかなっているといえるでしょう。調査の費用はケースによって異なりますので、まずは電話やメールで相談をして頂ければと思います。

調査に必要な物

探偵に調査を依頼する際には、その調査によって必要になってくるものがあります。もちろん少ない情報だったとしても、探偵は問題を解決するために様々な方法を利用します。しかし、最初に与えられる情報の量によって問題が早期解決に繋がったり、逆に捜査が難航してしまったりすることがあるのです。そのため、相談の際にはできるだけ多くの資料を集めましょう。

依頼が多い浮気調査ですが、絶対に必要になるものが対象人物の写真になります。できるだけ近くから写した最近の写真の方が望ましいです。証明写真を持ってこられる方もいらっしゃいますが、証明写真よりも自然な表情をした写真の方がいいです。また、顔写真の他に、全身が撮影されている写真があった方が、調査がしやすくなります。

さらに、わかるようでしたら対象人物が良く行くお店やスケジュールなどの情報を集めましょう。しかし、普段聞かないスケジュールを聞いたりすると怪しまれる可能性もありますので、必要以上の詮索は控えてください。レシートなどの情報から、良く行くお店を特定するのも良いと思います。 浮気相手の大体の見当がつくという方は、その方の情報があればそれも併せて伝えるとよいでしょう。顔がわからないという場合であっても、住んでいる大体の場所や対象人物との関係などを把握していると便利です。

その他にも対象人物が良く利用するものなどの情報を伝えましょう。いつもかぶっている帽子やいつも持っているカバンなどの写真を撮っておいてください。また、車を利用される場合は車種や色、ナンバー、駐車場の場所などもお伝えください。

証拠を得てからの解決方

証拠を得た後に考えることは、今後の生活をどのように過ごしていくことがご自身に取って1番ベストであるのかを考えて選択をすることになります。
選択肢は2つで「離婚をしない」「離婚をする」のどちらかを決めなくてはなりません。勿論、生活状況によって考え方は人それぞれです。焦って選択するのではなく、最低でも3ヶ月は考えましょう。生活環境が一変する問題だけによく考える必要があります。

「離婚をしない」を選択した方は、今後同じようなことがないようにするためにパートナーと話し合いを行いどのように生活していくのかを取り決めをするべきです。同じ過ちを繰り返すようでは、数年後に浮気調査を繰り返し行うことになってしまうかも知れませんし、また精神的苦痛を被るかも知れません。喧嘩することになっても話し合いから逃げずにちゃんと前を向かなくてはいけません。場合によっては約束事を公正証書として作成する方法もあります。

「離婚をする」を選択した方は、感情的になりすぐに離婚届を提出するのではなく、事の重大さをパートナーに伝えることを必ず行いましょう。離婚を繰り返し、養育費も払わないで親としての責任を放棄する方が多いからです。簡単に離婚をした方は、簡単に結婚をします。そうなると親の都合で振り回されるお子さんも増えることになるのです。このようなケースで育ったお子さんが大人になったとき同じようなトラブルを起こす可能性が高くなるデータもあります。

ここで1番重要なことは、辛い現実から逃げるのではなく今後どのように生活していくのかを決めることです。明るい未来を形成するためには、現在を努力した人の方が明るくなる可能性が高くなるからです。仙台けやき探偵事務所では、具体的にご依頼者の描く未来になるようなアドバイスを行いますのでご安心ください。

浮気調査を行うための探偵7つ道具

探偵はどんな道具(機材)を使用しているのかが気になる方も多いのではないでしょうか?探偵に実際に会って相談をする際に、どのような機材を使用しているのかを聞く人は少ないものです。もし、質問しても企業秘密だからといわれ教えてもらえない場合は、撮影に必要な道具を持っていない可能性もあります。実際にビデオカメラしか持っていない探偵社も存在します。

探偵の使用する機材はよく聞くべきです。機材が揃ってないために撮影できるはずの証拠が撮影できず、無駄な調査費用をお支払いする可能性があるからです。この人に任せれば安心だ、料金が高いから調査力はあるはず、大手だから失敗しないだろうなどと考えていませんか?

安心できたからこそ契約をし、料金をお支払いしたが報告書を見てみると証拠として使用できる画像がないことがあり、セカンドオピニオンで当社にご相談される方が非常に多いことに驚きます。

具体的に浮気調査に必要となる7つ道具とはどんなものかと一言で申し上げますと証拠を得るための撮影機能です。ビデオカメラ、三脚、ビデオカメラ用のバッテリー、暗視レンズ、望遠レンズ、ピンホールレンズ、大型ポータブルバッテリーの7つです。証拠を取るための機材は全て電気で動いていますから、ビデオカメラ用の交換バッテリーを多数持っていない探偵は長時間の調査をすることのできない探偵ですから、バッテリーが多数あるのかを見せてもらった方が良いでしょう。

勿論、機材を持っていても一瞬の証拠を撮影するには瞬時にカメラを設置しなくてはならないため経験も必要です。いくら便利な道具であっても使用するのは人間です。このような高機能な7つ道具を使用して当社では浮気調査を行いますが、日々対象者の動きが変わるため同じ調査は1日もないため失敗できないというプレッシャーとの戦いです。やはりこの点については、経験でカバーするしかないでしょう。仙台けやき探偵事務所では、調査年数が10年ある者が調査します。厳しい仕事内容で10年以上現場に出ている調査員は数少ない業界でもあります。

その他に必要な物は、自動車、バイク、自転車などの乗り物やモバイルSuicaといった対象者を瞬時に追いかけるための物も必要になります。カーナビといった地図を表示するものや携帯といった連携を取るための通信機器も必要ですが、あえて証拠を得るための機材を7つ道具といたしました。

探偵が行う浮気調査の方法

探偵が浮気調査を行う場合に1番重要なことは、調査対象者に尾行していることを悟られないことです。悟られてしまえば、後ろを振り返り周囲に人がいないのかを確認されてしまいます。対象者が車両を運転していた場合は、同じ路地をグルグル回ったり路肩に停車したりコンビニに入りついてくる車がないのかを確認されます。

このように警戒心が強くなってしまった場合は、長時間尾行しホテルまで追いかけることは困難になります。浮気をしている証拠を撮影するのが目的で行っているわけですから、探偵であればあらゆる状況を想定し最善の方法で悟られないようにすべきです。

ホテルの出入りが撮影できた後に行うことは、浮気相手を尾行し住所を判明することです。浮気相手がどこの誰なのかがわからなくては不貞行為による慰謝料請求も行えませんし、パートナーと二者間での話し合いがこじれてしまった後では打つ手がなくなってしまいます。浮気相手がどこの誰なのかを特定していないとその場では浮気を認めていたパートナーも後から証言を覆すこともあります。

探偵は、対象となる人物を尾行し、浮気の証拠を撮影し、浮気相手の住所を判明させるの3ステップが必要な調査方法となります。探偵といっても人間ですし、経験年数や機材によっても調査力は異なりますのでミスをしないわけではございません。当社が1番優れた探偵社とまではいいませんが、同業他社に依頼したが証拠を得るのが困難と判断された、もしくは対象者に悟られてしまった場合は、諦めずに1度仙台けやき探偵事務所にご相談ください。難易度が高い調査であってもやり方により難易度が下がり、結果も生まれます。

ご自身で浮気調査をしたい方へ

探偵に頼んで浮気調査をしたいが料金が気になり依頼まで至らない、または白かも知れないから自分で探ってみたいなどの気持ちは痛いほど理解できます。

しかし、ご自身で浮気の証拠をおさえるには高いハードルがあります。そのハードルとは、パートナーがホテルに入るまで追わないといけない、その際に出入りの画像を撮影、浮気相手の自宅まで尾行して住所を割り出す、浮気相手の氏名を知るとかるく考えても4ステップがあります。

顔見知り同士の尾行は、一瞬見られただけでも追ってきたことがすぐにわかられてしまうものです。勿論、すぐにホテルに入るわけではないでしょうから数時間または1日がかりになるかも知れませんよね。そして、尾行が気づかれたことによりパートナーとの信頼関係は壊れてしまい、最悪別居に至るケースも存在します。

ご自身で浮気の証拠を得ることは、デメリットが多く、メリットが少ないことにはなりますが、どうしても調査費用をお支払いするのが難しい方もいるでしょう。そのときは、最低でも証拠を撮影できる機器は持ち合わせていましょう。単に、真実を知りたい、現場に飛び込めば問題を解決できるだろうと安易に考えないでください。浮気相手に本気なっている場合は、2対1の構図になります。(夫と浮気相手の女性対妻:妻と浮気相手の男性対夫)当然、浮気や不倫を認めませんし、体の関係がないことを強く主張されるでしょう。ビデオカメラで撮影を試みる必要はあります。もし、その場で解決を試みるのなら、最初から友人や親族と同行していて、画像撮影し、その後複数人で話しかけましょう。こちらは冷静に勤めても相手方は感情的になり、暴力問題に発展してしまうケースもあります。ですから、1人で対応することは控えてください。

離婚を有利に進めたい、浮気を辞めてもらいたいなどの目的があるのでしたら、デメリットばかりがつきまとう自分で浮気調査は止めて、探偵に頼むべきです。一生のことで今後の生活を左右するものですから、探偵の費用だけを気するのではなく、冷静になり客観的な判断をすべきです。尚、探偵社に予算を伝え料金の交渉に応じてくれる探偵を選びましょう。

浮気調査で黒になる確率

パートナーに怪しい動きがあると感じる場合は95%が黒です。

残り5%は白ですが、対象者が高齢(65歳以上)である場合、または浮気調査を実施する前に、浮気をしていることパートナーに告げたために既に別れていた場合のどちらかに該当することがほとんどです。
高齢になると老後一人になる不安から、執着心が強くなり疑心暗鬼になってしまう傾向が少なからずあります。更年期障害なども関係している場合もあります。

皆さん少なからず浮気調査をして白だったらお金が無駄になると考え、浮気調査をすることに抵抗があるのではないでしょうか?
実際にそのように口にされる方は多いものです。しかし、1番の問題は、パートナーを信用できない状況で一緒に生活を続けることで夫婦仲が悪化してしまうことです。そうなってしまえば浮気相手や不倫相手の思う壺です。

疑い始めればきりがなく、どこで落としどころをつけてよいものなのかがわからなくなってしまうものです。不倫しているだろうと予測だけではなく、ご自身でもできることから行動に移していくべきです。パートナーの予定、物証はないものかを探ることは誰にでも簡単にできることです。もし、探ることができないような状況であれば知られたくない真実を隠しているとみて間違いないでしょう。

白か黒かもわからずに疑い続けていれば仲も悪くなるのも当然のことです。白なのか黒なのかの線引きを浮気調査でハッキリさせてから対策を取るべきです。最後にもう一度お伝えいたしますが、浮気をしている可能性は95%です。

浮気調査の適正な料金

どんな買い物をするときも1番気になるのは料金ではないでしょうか?この素材だからこの料金は妥当だろうと思い購入する商品がある販売業とは違い、探偵の浮気調査はサービス業で目に見える商品がないため、消費者は妥当な金額がわからないのが大きな問題です。

そのため探偵社により浮気調査の料金に数倍の誤差が生じることを皆さんはご存知でしょうか?何故数倍もの誤差が生じるのかというと宣伝費や家賃といった月々支払う経費が皆さんの料金に上乗せされているため、大々的に宣伝をしている探偵社は宣伝広告費を先払いしており、宣伝費用を回収してからが利益となります。仙台の探偵社や他県の探偵社の多くは1日30万円や1週間100万円が発生します。特に仙台市内の探偵社は調査件数が極端に少ないために、利益を上げられないために1件あたりの単価を高く設定せざる得ない状況があります。他県の探偵社は、全国区に宣伝をしているため金額の安い依頼は受ける必要がないと考えています。何故なら、全国から相談が多数の問い合わせがありますから高額な依頼以外には目もくれません。

高額な探偵社に依頼してしてしまわないためにも数社に相見積を行うこと、どんな内容で浮気調査を行うのかを書面で見せてもらいましょう。すると機材代、車両代それに伴う燃料費、報告書の作成代または調査員の人数が必要以上に多いことがあります。商品がないため、サービス内容の内訳より妥当な金額なのかを見抜く必要があります。追加経費なしと手書きでも構いませんから、記載してもらいましょう。調査終了後に、10万円〜50万円の追加経費が発生しても証拠を取ってもらっていたら、話しが違うと申し出ても「お支払いいただけないのでしたら報告書をお渡しできません」と告げられたら、皆さんお支払いするしかないのではないでしょうか?

一般的に調査員は2名が妥当です。4名以上使用すると連帯が取れず調査力は落ちます。機材代と車両燃料費と報告書は無料な探偵社も多数あります。宮城県仙台市の浮気調査ですと2名の調査員で1時間が12,000?20,000円で追加経費が一切ないところが適切だと考えます。適正料金以内の探偵は非常に少ないのですが必ずございます。内容を書面で見て無駄なところを省いてもらい、料金を下げる交渉は必要でしょう。

但し、料金だけに目を向けるのではなく、調査力があるのかがポイントでしょうね。いくら料金が安くても調査対象者に尾行していることが気づかれてしまうようでは証拠を得ることもできないでしょうし、気づかれてしまったことによる更なるトラブルも発生します。結果、料金だけ発生し依頼したことを後悔することになります。調査力があるのかを見極めるために最近の調査の画像や前例でどのように問題を解決してきたのかについても言及すべきです。

浮気調査を依頼することに不安を感じる理由

皆さんが依頼する前に1番不安に感じることは、探偵に浮気調査を依頼したら高額な料金を請求されるのではとおっしゃります。

探偵のイメージは、特殊なことを行うために訓練を受けているプロ、または嘘の報告をして延長料金を請求する、などの良い悪いが人によって極端にイメージが分かれる業種です。現在も悪い探偵はいるかも知れませんが2007年に探偵業法ができたことにより、適正に業務を行わないと罰せられるため悪い探偵は減少しております。インターネットの普及により悪い評判はすぐに拡散されます。(2ちゃんねるなどの書き込みサイトを参照)

しかし、探偵社ごとに料金には数倍の開きございます。それは、調査内容や経費のかけ方により変わるのは当然です。依頼する前に見るべきポイントは、数社に電話で料金を聞くことです。次に行う点は、実際に数社の事務所に足を運び、相見積もりを行うことです。何名の調査員を配置し、事務所の家賃が高そうに見えるのか、担当者は信用できるのか、などを観察しましょう。

初めての依頼に不安があること、悩みを何社にも話すのに抵抗があることは分かりますが、新築を建てる際に1社目で即決する人はいないように探偵の依頼も同様で一生に一度の大きな買い物です。探偵の調査方法、トラブルの解決方法、利益の追求は経営者によってカラーは全く違うものになります。やはり良い商品を選ぶには、類似品を何個か直接手に取り、肌で体感する他にないでしょう。

尚、仙台の探偵社は調査件数が少ないことより探偵が副業であり、経営者以外の調査員がいないために常に一人で調査している私立探偵が多いように感じます。この点につきましては、経営方針の問題ですから決して悪いことではありませんが、浮気調査は最低でも2名配置できないと失敗する可能性が大きいものです。従って、失敗する可能性を話し、依頼人に納得していただけたのでしたら何ら問題はないと考えます。

問題なのは、現場に2名を配置していないのにも関わらず、あたかも2名配置していたかのように2名分の料金を請求されることです。この点につきましての対処方法は、私も調査に同行できますかと質問し、できませんと言われたら疑うべきでしょう。浮気調査は秘密裏に行うことですから、当然秘密は守ってくれる探偵社依頼したいと考えるでしょう。信頼関係が築けないことで、重要な情報を話さないご依頼者もいます。そうなると無駄な調査もすることになり調査費用も増加することがあります。信頼関係を築くためには、探偵の家族構成、プライベート、自動車の運転免許、従業員の履歴書などを見せてもらうことで安心もできると思います。

探偵の商品は情報です。その情報を賢く使用できれば安い料金だったと認識していただけるでしょうし、逆に使用できなかったとなれば高いと感じるでしょう。情報を上手に活用する方法までをアフターすることが探偵に求められています。